転職エージェントはどんなものがオススメ?

転職の良きパートナーと出会おう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

転職のベストパートナーを探すために

今や転職エージェントは規模がある所で100社以上、個人事業主も含めれば1万5000社以上あるそうです。 これだけ多いと、どんな転職エージェントを選べば良いのか悩みます。 なにしろ、人生の選択が大きく変わる時ですから、転職エージェント選びも慎重にならざるを得ません。 では、どのように選べば良いのでしょう。

自分に合うタイプを選ぶ

転職エージェントにもコンサルタントにもタイプがあります。 質が良い転職エージェント、優良なコンサルタントを選ぶにこしたことはありませんが、タイプにも注目しましょう。 転職が佳境になってからコンサルタントを変えるのは得策ではありません。 どんなタイプを選ぶのが良いか参考にしましょう。

特化したエージェント

女性や中高年者の転職は、20代、30代の男性が転職するのとは条件が変わってきます。 例えば女性は、育休がとれるか、家事も両立できるか、などの事情を踏まえて仕事を選ばなければなりません。 また、中高年者は求人数がぐっと下がるのです。 そのような点で、有利に進めるためのエージェントもある事をご紹介します。

数ある中からどう選ぶのか

「転職」と聞くと、少し前でしたらきつく言うと、「負け組」のようなイメージがあったのではないかと思います。
転職するなんていうのは恥ずかしい、という時代だったように思いますが、今は転職というのは全く珍しい事ではありません。
むしろ、より前向きに仕事に向かえたり、その人が生き生きとより活躍できる場を求めて転職するならば、それはプラス的な行動と言えるでしょう。
そのようにより前を目指して転職する人は増えています。
そんな流れのもとにできた「転職エージェント」という存在。
転職する人が増えたからこそのできたサービスであると思います。
この「転職エージェント」は、自分で転職を探し、手続きをするより、得なポイントがいくつかあります。
まず、普通の求人サイトからでは見れない、非公開の求人を探してきてくれます。
そして、面接では伝えきれない自分の強みを人事の方へプッシュしてくれるのです。
これによって不採用が採用に覆されたという事例もよくある話のようです。
他にも、採用までのスケジュール管理をしてくれる、企業の社内雰囲気の情報を知れる、相談ができるなど、多くのメリットがあります。
しかもこれを求人者は無料で利用できるのだから、活用しない手はありません。
しかし、下手にエージェントを選んでしまうと、余計に時間がかかったり、かえって足手まといになったり、さらには悪徳企業を平気で紹介してくる事もあるのです。
エージェント選びを失敗すると、さらに悪い環境の会社、せっかくのキャリアにも傷がつきかねない事になります。
どのようにエージェントを選ぶのが良いのかを知り、相性の良いエージェントと共に、自分がより輝ける企業へと転職していきましょう。