転職エージェントはどんなものがオススメ?

転職の良きパートナーと出会おう

自分に合うタイプを選ぶ

どちらの型で選ぶか

転職エージェントには、総合型転職エージェントと業界特化型転職エージェントの2つに大きく分けられます。
どちらを活用するか、それぞれの特徴を知っておくと選びやすいです。

総合型転職エージェントの特徴は、幅広い業種の求人を多量に保有しています。
ですから、今自分がいる業界以外の可能性も広がります。
大手会社も多く、その求人数は圧倒的な数です。
しかし、業界特有の知識が浅いため、専門分野を生かして探したい人には、思うような求人が紹介されにくいデメリットがあります。
その点、業界特化型転職エージェントは、業界に特化した専門知識が豊富なので、専門的な質問や要望にも通じやすく、コンサルタントの専門知識が生かされた求人を紹介してくれます。
しかしこちらは、あまり聞きなれない中小企業が多く、求人も少なくなります。
ですから、手持ちの求人を押し付けられたり、業界知識以外の最新情報やノウハウには疎いという場合もあります。

コンサルタントのタイプが合うか

コンサルタントは仕事ではありますが、あくまで、人と人との関わりで進めていく事ですから、人柄も大切です。
ここでは「自分本位な人」、「できない人」を取り上げます。
「自分本位」なコンサルタントの場合、自分のノルマがちらつくため、こちらの話を十分に聞かずに、応募する業界の間口を広げて応募を急かします。
どれだけこちらの事情・希望を汲み取ってくれるか、自分の希望に合った企業を紹介してくれるか、の見極めが必要です。
「できない」タイプな人は、メールを誤送信したり、お願いしている事をなかなかやってくれていなかったり、さらにそれを悪いとも思わないタイプです。
こんなタイプでは心配でしかありません。
手遅れになる前に、会話のすれ違いやケアレスミスなどの違和感には早めに気づきましょう。

企業に正しくアピールしてもらうためにも、波長が合い、よくコミュニケーションがとれるコンサルタントを選びましょう。